蕗狩軽便 図画模型工作部日記

ー シュレマル工房 覚え書き ー

ガーデニング&ビオトープ

今年もふきのとうが出てくれました

裏庭ビオトープ池の脇から、今年もふきのとうが出てくれました。 今年も出てくれるかなと楽しみにしていたので嬉しいです。天ぷらにして食べるつもりですがもう少したくさん出たら蕗味噌もつくってみたいです。 去年ヨトウムシにやられて弱ってしまったので…

2024/2/5の雪。雪のなかシジュウカラが餌を啄みにやって来ました

昨日は昼頃から雪になりました。 家内の勧めで手伝ってもらいながら、早めに裏庭天井覆い代わりのサンシェードを降ろしたとたんに、本格的に降り始めました。 雪の中でもシジュウカラやヤマガラくん達がヒマワリの種を探して庭にやってくるので、ガーデンテ…

裏庭掃き出し窓下踏み台の修理をしました

リビング北側掃き出し窓下から裏庭?へ降りるのに踏み台に足を置いて体重をかけたらミシリと音がして天板が割れ折れ曲がりました。踏み抜いて転ばなくてラッキー。 集成材の厚板なので木材そのものの腐朽もありますが接着の剥がれが大きいようです。 かなり…

シャコバサボテンが咲きました

去年の春、植え替えたのは良かったのですが、夏ごろヨトウムシが発生。かなり弱ってしまっていました。 sktrokaru.hatenablog.com 花芽がつくかと心配していたのですが、無事開花。流石に花の数は少ないし形もあまり良くないのがちょっと残念。でも今年は元…

裏庭池ビオトープの冬支度手入れをしました

寒くなってきたので、裏庭池ビオトープの冬支度手入れをしました。 水循環ポンプと濾過層の撤去手入れ、枯れた植物とアオミドロの除去それから石のコケ落としです。 濾過槽をそのまま保管して水を腐らせてしまうと良くなさそうなので、溶岩砂利と鹿沼土の濾…

小鳥の給餌を再開しました

まだまだ温かい日が続いていますが、長雨の後、秋風が立ち涼しくなり始めてから、ヤマガラ、シジュウカラの姿を見かけるようになったので、給餌を再開しました。 落花生はシジュウカラに人気。ヒマワリの種はヤマガラに人気です。 シジュウカラは臆病なのか…

またガーデンライトの支柱が折れたので修理しました

以前支柱の埋設部分が折れて修理したガーデンライトですが、今度は支柱パイプがぽきりと折れてしまいました。支柱根元部品との継ぎ目から錆が進み劣化して折れたようです。 sktrokaru.hatenablog.com 前回は、錆びて腐ってしまった支柱埋設部品の代わりに塩…

裏庭池ビオトープにカナダモを入れました

いつもの河原に焚き火に行ったら、工事の準備で用水堰が開放されて水位が下がり、川底の藻が水面に浮いてきていました。カナダモです。 先日も貝の卵らしき黄色いゼリー状の粒がついた藻の切れ端を持ち帰って池に入れましたが、今回は少し多めに持ち帰りまし…

今年おそらく最後の茗荷を収穫しました

隣家との間の狭い通路敷地、陽の当たらない掃き出し窓下に茗荷を植えてあります。 夏の間、少しずつですが茗荷の花芽を収穫してお味噌汁に浮かべて楽しんでいたのですが、二日ほど前、家内が見つけて3つ収穫してくれました。今年はこれでおしまいかな。 も…

裏庭池ビオトープにイシビルがいました

今年の夏は暑すぎたせいか、スイレンもクワイもセリもホテイアオイさえ緑色が浅くなって弱り気味でした。 先日ホテイアオイを引き上げたにもかかわらずスイレンが復活するのも期待薄。それでもメダカとミナミヌマエビの小さな個体がたくさん泳いでいるので一…

ガーデンライトの配線を修理しました

裏庭のガーデンライトのひとつが暗くなってチラチラし始めました。 設置して10数年経つので配線が傷んで来たのでしょう。配線分技連結クリップの構造が電源コードを重ね被覆を通して接点ペグを突き刺す方式だったので、被覆の劣化と共に接点の腐食が進んだの…

ガーデンライトランタンの電球ソケットを作り直しました

裏庭のランタンが点かなくなりました。 開けてみたらソケットの接点金具が錆びだらけ。電球を抜くとソケット部分がボロボロと折れ崩れてしまいました。 素材がPLA(ポリ乳酸樹脂)ですから予想はしていましたがこれは早すぎるような。作ったのは去年の11月…

裏庭池ビオトープのホテイアオイを整理しました

この夏は暑すぎたせいか、池の半分くらいを覆っていたホテイアオイの色が薄くなり葉先が茶色くなっているものが多くなってきたので、1/3ほど残して整理しました。 ホテイアオイに押されてスイレンも葉がすごく少なく小さくなっていましたが株からは新しく葉…

ウォールポットにヒマワリが咲きました

住居北側裏庭の目隠しルーバーラティスに掛けたウォールポットにヒマワリが咲きました。 庭に来るヤマガラやシジュウカラがヒマワリの種を咥えてポットの縁にとまった時にでも取り落としたのでしょう。小さな芽が出たと思ったらパンジーを抑えてぐんぐん伸び…

裏庭のレンガ敷きから砂が噴き出してきました

一月ほど前から裏庭のレンガ敷きの目地からあちこち吹き出物のように砂が噴き出してきました。 DIYで敷き込んだ砂決めのレンガ敷きなので、その砂が上がってきたのに間違いありませんが、なぜこんな風に噴き出してくるのかがわかりません。15年前に敷いてか…

裏庭ビオトープ池からヤゴを取り出しました

裏庭ビオトープ池のアオミドロの大繁茂はいったん治っていますが、ゴワゴワの繊維のような状態になってしつこく伸びています。 柔らかなアオミドロはミナミヌマエビが食べてくれているのかスイレンにも付いている様子はありません。水面の半分まで広がったホ…

シャコバサボテンに害虫駆除薬剤処理をしました

シャコバサボテンを食害しているのはヨトウムシのようです。 青虫はとったつもりだったのですが、大きな鉢の方は新芽がほとんど食べられ、小さな鉢の方にも食害が見られ始めたので、薬剤を使うことにしました。 使ったのはオルトラン粒剤。ホームセンターで6…

裏庭ビオトープ池のアオミドロがほぼ抑制されました。ヤゴがいました。シャコバサボテンが害虫の食害を受けています

青空です。暑いです。猛暑です。 先日オキシドールでアオミドロを枯殺したスイレンを池に戻してから、池底の石や側壁についていたアオミドロがどんどん少なくなってきました。 毎日の歯ブラシでの除去作業で引っかかってくるのはゴワゴワと繊維状になったも…

アオミドロ取りには古歯ブラシが最高です&裏庭ビオトープ池の概要整理

池底砂利や石、水生植物鉢のアオミドロは指先で摘んで除去していましたが、狭いところには指先が届きませんしぬるぬるしているのでうまく摘めず綺麗に取れてくれません。 そこで遅まきながら古歯ブラシを使ってみたら、面白いように取れてくれました。成長し…

裏庭花壇?のミニトマトが赤くなり始めました

立て込んだ住宅地のお隣の家との間にある狭い狭い北側裏庭の花壇フェンス際に植えたミニトマトが赤くなりました。 日当たりも良くないしレンガを敷いているので条件があまり良くないのですが、どうせ緑を植えるなら食べられるものを、ということで植えてみま…

オキシドールでスイレンに着いたアオミドロの退治が成功したので池に戻しました

裏庭ビオトープ池のスイレンに大繁殖して絡まって困っていたアオミドロをオキシドールが見事に退治してくれました。 下は、タライに隔離しほぼ1日おきに1リットルあたり約0.75mlのオキシドールを投入して1週間後の状態です。スイレンの葉がいくらか黄色く…

とうとうクスリに手を出してしまいました。(オキシドールはアオミドロを退治できるか?と言うお話です)

裏庭ビオトープ池にアオミドロが大繁殖しています。毎日手で除去しているのですが追いつきません。 特にヒメスイレンに絡まったアオミドロがひどく、毎日取っても取っても次の日にはそれ以上に繁茂します。取る時に引っ張って葉と茎を傷めてしまうのでだんだ…

裏庭池ビオトープにメダカとミナミヌマエビがいっぱい泳いでいます。シャコバサボテンも復活中

梅雨が明けて無茶苦茶に蒸し暑いお天気が続くようになりました。 裏庭ビオトープ池の今の様子です。 4月に3つだけ買って入れたホテイアオイがこんなに増えました。セリもクワイも元気ですが、アオミドロは相変わらず凶悪繁茂中。手で取れるだけ取り除く毎…

裏庭ビオトープ池のアオミドロ繁茂を止められないかと公園の池の水をペットボトルに汲んできて入れてみます

裏庭ビオトープ池のアオミドロ繁茂が止まりません。 富栄養化しているのがいけないというのでセリやクワイの鉢を沈め浮かべたホテイアオイも随分と増えてきたのですが睡蓮にもびっしりとアオミドロが絡まっています。 毎日手で除去しているのに底砂利や石に…

花壇に播いた小鳥の餌のヒマワリの種からいろんな形の花が咲きました。これってメンデルの分離と独立の法則の実証……なのかな?

家内が、裏庭にやってくるヤマガラくんとシジュウカラさんにあげているヒマワリの種って芽が出るのかな、と猫の額の花壇に播いた育てていたのが花をつけ始めました。 全部で5本です。 どれもあまり背が高くないのは、種を収穫するのに良いように品種改良し…

狭い狭い庭ですが立葵も紫陽花も元気に咲いています向日葵も花がつきました

本当に狭い敷地の住宅ですが、緑が欲しいと強くて手がかからなくて綺麗な花が咲く植物を選んでいっぱい植えています。 今年もタチアオイが咲きました。 ヒマワリは小鳥の餌にあげていたものを蒔いて見たら育ってきたものです。花びらが大きくてあまりヒマワ…

裏庭池ビオトープのメダカが繁殖して稚魚が泳いでいます

気温が上がりアオミドロの成長が凄く、あっという間に底石やスイレン、クワイほかの植物に絡みついて繁茂するので、毎日のように出来る限り手で取っていますが一向に状況は改善しません。 水の中を覗き込んで一所懸命アオミドロを取っていたら3ミリほどの小…

子供の頃「ナイキンギョ」と教えてもらったのは「ホウネンエビ」だったのかもしれないというお話です

小学生の頃、近所の空き地の水たまりには、カエル、オタマジャクシのほか、アメンボ、ミズスマシ、タイコウチのような虫のほか、両脇の櫛の様なヒレをひらひらさせて泳ぐ得体の知れない魚のような虫のような生き物がいました。 一緒に遊んでいた年上の男の子…

裏庭ビオトープ池のアオミドロが大増殖中でできることから対策中です

暖かくなって来てアオミドロが一挙に増殖し始めました。 去年はミナミヌマエビもサカマキガイも増殖してくれてアオミドロが抑制されたのですが、今年はうまく増えてくれなくてアオミドロが沈めた石にも植木鉢にも底砂利にも防水シートにもスイレンの茎や葉の…

強風、サンシェード張り直し、梅の木の剪定、タマカタカイガラムシの大発生

土曜日は暖かくて良いお天気でしたが、台風並みの強風が吹き荒れました。 お隣さんの家との間にある狭い狭い裏庭なのでルーバーラティスのてっぺんにアンカーを取ってサンシェードを目隠しに張ってありますが、外構のワイヤフェンスに引っ掛けてあるだけのル…