蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 めもらんだむ ー

クラウンギヤのこと、提灯歯車、食い違い歯車のこと

なんかクラウンギヤがあんまりミソクソに貶されているみたいで可愛そうなので、変わったギヤ好きの私としては見過ごせず、ちょっと引っ張り出して観察してみました。

おー、ちゃんと見たことなかったけれど、こんな感じだったのか!

f:id:sktrokaru:20210724101554j:plain

これらのクラウンギヤと組み合わせるのは歯数8〜10枚程度の小径ギヤ(注:モジュール0.3の場合)が前提です。構造上当たり前の話ですが、組み合わせるギヤの歯数が多く直径が大きくなると歯が引っ掛かって回らなくなります。

またよく見ると、POM製はなんとなく歯のカドを落として丸っこくしているようですし金属製のでかいのもピッチに比べて歯が細く整形されていて、小径ギヤであっても本来無理のある噛み合わせ条件下でそれなりにできる限り支障ないよう長持ちするよう配慮されているんじゃないかと思われます。深読みかな?

一番ちっちゃい金属製の歯の形はさすがに論外かなと思ったのですが、実際にピニオンと噛み合わせてみると半径が小さいクラウンギヤの場合は逆にこの形の方が滑らかに噛み合わさるらしいことが観察できて、いや大したものです。ギヤの理論的な設計の考え方とかとは全然違う感覚での工夫でしょうか。

どっちにしろ非常に負荷の軽い精密機器やあまり強い力もかからず耐久性もそれほど気にしないオモチャなどに使うもので、実用動力機械など強い力を伝えるためのものじゃなし、目的用途をごっちゃ混ぜにして「文句たれぞう」してもあまり意味はなさそうに思います。

実用機械でも昔の水車などは木製のピン(金属製のピンもあったかも)を立てた歯車で十分使用に耐えていたわけですし、それは寿命は短かっただろうと思いますが、すり減ったら交換すれば良いという発想だったのでしょう。ピンを打ち替えるだけですしね。

木下製粉株式会社のサイトに掲載されている歯車の話のページには、木製のクラウンギヤとピニオンに当たる提灯歯車のイラストとその解説、それから歯の数を互いに素とすることの意味が丁寧に説明されています。

大きい歯車に一個余分につける歯のことを「無駄歯(むだば)」と言うというのが素敵です。「無駄」大好き!(^^)

 

f:id:sktrokaru:20210724101446j:plain

www.flour.co.jp

 

このサイト、ずーっと読んでいくと知らないことばかりで面白くて楽しくてとっても幸せになります(^^)

ということで、まあ、機械や部品に限らず、目的、環境、用途による割り切りと、合理性合目的性にそって最適と思われるものを手段手法として使えば良いというだけの話で、大抵の場合は皆そのようにしているのでしょうが、たまに知識情報不足や判断ミスから場違いの使い方をしていたり、割り切って合理的合目的的な使い方をしていてもその割り切り部分に文句をつけられてしまいがちなのが困ったところなのかも知れませんね。

追記:

パーツ入れのギヤを見てたらこんなのを見つけました。

f:id:sktrokaru:20210724125438j:plain

あれ?クラウンギヤの歯の向きが変……おー!ひょっとしてこれは食い違いクラウンギヤではないですか!

食い違いギヤといえば、有名なのはハイポイドギヤですね。クライマックス型の歯車式蒸気機関車に使われているやつです。ベベルギヤ(傘歯車)の一種で大きな力を伝えられますが設計製造が難しいし、たかがおもちゃになど使う道理がありません。

で、その代わりに使われているのがこの食い違いクラウンギヤという事なのでしょう。知らずに購入したギヤパーツにこんなものが混じっているとは意外でした。

これでクライマックス機関車の模型ができてしまいそうです。でもそのヤル気を出そうとするためのヤル気が出ないのがここのところのいちばんの問題です……

3Dプリンターでナショナルミキサーの蓋を作りました

ラベルを見たら1993年製でした。28年前のナショナル製ミキサーです。

f:id:sktrokaru:20210724090050j:plain

かなり以前にプラスチック製の蓋が劣化して密閉部が壊れてしまっていました。メーカーに問い合わせても古い製品なのでもう部品は無く無理矢理手で抑えて使っていましたが、とうとう真っ二つに割れてしまいました。

で、ふと、今は3Dプリンターあるんだし、と気づいてつくって見ました。

元の形は曲線を多用し緩く膨らんだ綺麗な形をしているのですが、そのままコピーしても旧式MDFプリンターでは綺麗に出力するのは無理。上面を平らにし軟質プラならではの密閉部材のツバもやめてぴっちり嵌まり込むようにしています。

出来上がりはこんな感じ。

f:id:sktrokaru:20210724090105j:plain

f:id:sktrokaru:20210724090225j:plain

もうちょっとフィレットを大きくして形状を柔らかくしたほうが良かったかも。でもこれでOKが出たのでよしとします。

積層痕があるのと熱には弱いので洗うときなどに気をつけなければいけませんが充分役に立ちそうです。

ま、壊れたらまたプリントアウトすればいいんだし。そこが良いところです。

 

マンガ絵って自分でも描けるのかなと

久しぶりに娘が帰ってくるというので、孫娘の相手をするのにマンガ絵でも描いてあげると喜ぶかなと試してみました。

スケッチや人物デッサン、クロッキーはほんの少しやったことがありますが散々でしたし、何も見ないで人物を描くなんてやったことがありません。

でもまあとにかくと、メモ用紙に鉛筆が滑るままに書き殴ってみたらなんか描けたような……って、やっぱりあたりまえですが、うまくいきませんねえ……orz.

f:id:sktrokaru:20210413120039j:plain

それでもこんなものでも目の前で描いてあげると喜んでくれるかも。

こんなんじゃなくてアンパンマンやしまじろうを描けと言って泣かれるかな?

しかし、なんかどっかで見たような絵です。

今まで見てきたマンガやアニメ、挿絵など頭の中に残っているイメージを無意識にコピーして自動的に出力しているのかもしれません。

面白いものだなあと思います。

孫が来る前に、今度はお手本見ながらもうちょっと練習しておこうと思います。

模型工作の技法、工夫のことなど

この間購入した、アーマーモデリングの特集「壱色懸命…単色塗装で紡ぐ戦車模型の世界」が、色の基本的知識から塗料、塗装の具体的応用知識まで、もうびっくりするくらい親切丁寧明快でものすごく勉強になりました。

某所で単位を貰った「色彩学」だけでは自分には無理だった塗料の調色や塗装のテクニックとの繋ぎの部分を解説してもらったようなそんな気分です。

f:id:sktrokaru:20210717171759j:plain

f:id:sktrokaru:20210717171821j:plain

最近は、鉄道模型以外の分野での模型雑誌で様々な技法や工夫の解説特集記事などが盛んで有り難い限りです。 

それにしても、模型工作でもなんでも独自の技法を持っている人、独自の工夫をしている人は凄いと思います。

自分もたまに思いついたり工夫した技法などをブログに書くことがありますが、ウェブや雑誌の記事などをよく見直すと、大抵その道の人達には周知だったり誰でも思いつくごく当たり前の方法に過ぎない事がほとんどで、情けなくなるというか穴があったら入りたい気分になります。

自分の使っているテクニックはほぼ全部、本や雑誌で知った範囲とその応用なので、それで当然と言えば当然なのですが、なんともはや。

それでもまあ、その内容とレベルはともかくとして、ほぼ自分の思うようには工作を楽しめていますので、ま、いいか、などと。

決して人に胸を張って言えるようなことではありませんが、目標が低い?(笑)と取り敢えずは何事も平和で幸せなのよと割り切ってこの趣味娯楽を楽しんでいきたいと思います。

 

石積みアーチ橋のお立ち台制作その2 & 筆洗いにはアセトン厳禁です!

ずっと雨だったのでほったらかしにしていた石積みアーチ橋を塗りました。

f:id:sktrokaru:20210715101601j:plain

湿度90%なのでスプレーは無理。アクリル絵の具筆塗りでやってみましたがとにかく乾きが遅いので重ね塗りすると滲み方がコントロール出来なくて大変なことになってしまいます。

スプレーブースの排気ファンをずっとかけっぱなしの前に置いてますがほんまに乾かん。

で、墓地墓地とほぼ3日掛かってやっとこんな感じ。モールドの形状からどうしても石積み線が太めになってしまいました。

さて、橋を先にぬっちゃいましたが、地面と水面どうすんねん?

塗る順番間違えたかもしれません。

 

追記;

しばらくして乾いたかな?と見に行ったらなんと、塗ったところのスタイロフォームが凹んで変形しています!

なんやねん、これ?

よくよく考えて思い当たったのは、筆洗いに使っていたアセトンをよく乾かさずに使ったので筆から染み出したアセトンが塗料に混ざったのではと。アセトンの量がわずかでも湿度が高くていつまでも乾かないのでじわじわとスタイロフォームを溶かして行ったのでしょう。

困りました。このまま放っておくとどんどん腐食が進むばかりだし、スタイロフォーム以外のパーツの塗料も乾いていないので今ばらすこともできないし、最悪。

塗料が指につかなくなったところで強引に分解してスタイロフォームパーツを作り直すことにしました。

f:id:sktrokaru:20210715141131j:plain

アセトンさんはなんでもよく溶かしてくれるので洗浄剤には良いのですがスチロールを溶かすので要注意です。

アセトンが乾くのも待てない私のようなイラチでガサツな人は、アセトンの使用は厳禁とした方が良い、というのが今回のご教訓でした。

 追記の追記;

つくりなおしたスタイロフォーム、塗ったらまた溶けた……

f:id:sktrokaru:20210715171800j:plain

どうも薄めてあった塗料が前回の筆でアセトンに汚染されていた模様。最悪。

もう一度作り直しになってしまった。

 

より良い?製品が出たらそれを購入し、手元にある旧製品やつくったキット、自作品などを処分する感覚って?

鉄道模型趣味の人で、同じ車種?プロトタイプ?でより精密な完成品製品が新しく出たら持っている古い製品を売って買い替えたり、キットを組んだりスクラッチして自作したもの(作品)を手放したり処分して新しい完成品製品を買うというのはどういう感覚なのだろう?」

という意味のツイートをしたら、

「強いて例えるなら、自分で組んだPCよりも性能の良い既製品のPCに買い換えるような感覚に近いかもしれません。」

「作品という意識は薄いかもしれません。あとは、出来の良い完成品の方が優先度が高い場合、(完成品を購入する)金策を練るために手放すケースは少なく無いと思います。」

というリプライのほか、

「自分でキット組んだモノは、手放すつもりはないけど、メーカー完成品で購入したモノは、買い換えたり手放すことはあるかな。あくまで自分の場合ね。そこは人それぞれで。自分で組んだモノでもどんどん手放す人もいるし。中には作る事自体が好きだから、出来上がったモノは誰かに譲るって人もいますよ。」

「自分は確かに新製品は買う時もありますが、旧製品だって手を加えれば負けないと思います。 ただ、集電方法が変わったり、旧製品対応の車輪がずっと生産中止とかかなり苦労する部分もあります。」

「私の場合は、自分で組んだのより精密で正確でよく走る(割と重要)のが出たら飛びつくけど、その結果退役になったキット組品・改造品も処分できず、部屋に積み重なっていく、、、みたいな感じです。純粋により良いものを求める一方で手を動かした品も捨て切れず、みたいな。」

「自分の場合は、基本的にキット等自ら製作した物は、高性能高密度の製品が発売されても、買い替える事はありませんね。」

というようなツイートがあって、その人の模型工作に対するスタンスによって違ってくるようだということがわかります。

これ、対象が実物プロトタイプのある鉄道車両だということが結構大きく影響しているように思えます。車や飛行機、船でも全く同じだと思いますが、スケールモデルの場合、どれだけ実物を正確精密にかつ印象を捉えて縮小モデル化しているか、そしてそれを所有、コレクションしているか、がおそらくはいちばんの目的になります。

そうなると、工業製品であれ専門職人の工作品であれ自分自身の工作品であれその評価基準と価値は変わらないので、その出来だけで価値が判断されますから、単なる市場原理による売買の対象物として扱われるのだと思います。

対象物そのものに自分自身の体験やそれに伴う感情が付随する場合は別で、手に入れた思い出や由縁があるとか、つくった経緯やその時に得られた経験や技術を思い出させる物になっているとかで、それを自分の作品として認識する場合は扱いが変わってくるかもしれません。

つくる対象が現存する実物をモデル化するだけではなく、それを自分の感性でアレンジしたり、存在設定や機能、デザインを含め自分自身の創作物として制作する場合は、随分と捉え方が違ってくるでしょう。

そういうことをしている人たちは、自分の作品を手放すにあたっては、また別の判断基準や考え方があるのだろうと思います。

しかし、鉄道模型ではそういうものを売買する場はほとんどないようなのがちょっと寂しいところかもしれません。

「(鉄道模型製品は)新製品は高値で、旧製品やウェザリングとかうまく加工してもジャンク扱い… というシステムでしか 買い取らない業者もおかしな話し。模型の価値って? これが本当の無限列車…」

というツイートもありました。

ジオラマ作品やプラモデル、フィギュア、ドールの世界では、手芸やアートに準じた作品としての価値観と評価や市場があるように見えるのが面白いと思います。

 

機関車の全車輪集電

おそらくは20年以上前に手がけて未塗装のまま放り出してしまいこんであったモーガルテンダー機?を引っ張り出してひっくり返したら、全軸集電でした。

下の写真、キャブ下の火室下部のパーツが崩壊して有りません。ミクロウェイトを樹脂で固めてつくったものだったので爆発崩壊したようです。

f:id:sktrokaru:20210711180935j:plain

f:id:sktrokaru:20210711180951j:plain

これ、確かダックスの上回りにアリイのC56?の下回りを削り倒して組み込んだもののはずです。記憶が怪しいぞ(笑)

このテンダーからの集電のやり方は、初めて組んだテンダー式蒸気機関車キット、ダックスⅡ(現在貸し出し中なので写真撮れません)から変わっていません。

組み立て説明書を見て、何で絶縁側動輪からも集電せえへんのや?と当然のように集電ブラシを自作して取り付け、テンダーの車輪にもこれまた当然のように集電ブラシを取り付けて先輪の絶縁側以外は全軸全輪集電にしたのでした。

それに機関車とテンダーをわざわざ異極にしてドローバーの取り付け部に絶縁ブッシュ挟むってなんやねんこれ、と真鍮製の板切れに取り替え、2枚重ね真鍮板の間に絶縁紙を挟んで2回路ドローバーを自作。

f:id:sktrokaru:20210711181043j:plain

機関車とテンダーで片方ずつの車輪からしか集電せえへんやなんて効率も安定性も悪すぎるし、なんかあったらすぐにショートするやんけ。なんでこんなことしよんねん?としか思いませんでした。裏を返せば自分の工作技量が低くて良好な集電と走行を望むには精度が悪すぎるいうだけの話だったのですが。

模型店の上客でもなければ周囲に先達もおらず、雑誌の工作記事もまともに細部?まで読む辛抱も読解力も無く、感覚と思い込みだけで自分で勝手に納得のいくよう工作していたということでしょう。

しかしその後購入したDCC readyのHOスケール機関車もNゲージの蒸気機関車製品なんかも皆原則全軸全車輪集電ですしLGBなんか全軸全車輪集電に加えて直接レールを擦るシューまでついているわけで、よく考えてもよく考えなくてもそれでもやっぱり一般的なアナログHOテンダー蒸気機関車の集電方法の方が特殊なのじゃ無いかと今でも思っています。

2021.7.13 追記;

古いTMSを見てびっくりしたのですが、電車のボギー台車も集電シューは無く片方をセンターピンで絶縁しそれぞれ前後片側車輪からの導電で済ませ、モーター配線はボディーアース?としているのですね。

よほどシューをつけたくなかったのでしょうか?それでは集電も不安定だと思うのに、一体どういう理由でそういう方法が正式?標準?とされたのかとても不思議に思います。

またベーカーカプラーの時代、金属製の車両では連結の方向によってはショートすることもあったろうに、その辺りどんなふうに考えていたのか興味深いです。

2021.7.13 追記その2;

そういえば昔の動輪集電ブラシはタイヤ踏面を擦るブラシでごつい帯板を押し付けるという不思議な構造でした。なぜわざわざ汚れが付きやすいタイヤ踏面にゴツいブラシを当てなければならなかったのでしょう?

現在良く見られるようになってきた裏面ブラシでもバネの強い板状のものが多い気がします。

昔はモーターが大電流を必要としたのでああいう集電ブラシが必要だったのが、そのまま踏襲されているのでしょうか?