蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 めもらんだむ ー

なろう小説の世界設定テンプレ考察&素敵な純粋娯楽消費的読書のこと

#無欲の聖女は金にときめく」読了。

とても面白かったです。魔法関係は設定上必要な最小限でRPG的要素は無く、お約束の戦闘場面も殆どないので途中で読み飛ばすこともなく楽しめました。

じつは読んでいる途中でなろうサイトのザッピング読?をしてしまい、「#メイドなら当然です」というのに行き当たって、割と短い作品だったのでそちらを先に完読してしまったのですが、けっこうお話があっさり目で、もうちょっと膨らませたりしないのかななどと思いつつ、朗らかに楽しく読めました。

これもやはり魔法というか、そういう世界であることが前提ですが、あまりそれが前には出てこないし、いかにものRPG的設定はありません。

このタイプの作品は、コアな読者以外にも受け入れらるということもあって「本好きの下剋上(ただし第2部まで)」など、一般人?からも人気の高い作品があるようです。

魔法世界設定の学園ドラマであるハリーポッター指輪物語なんか問題にならないくらい人気も知名度も高いのと同じだと思います。そのせいかどうか、なろうにも青少年向けファンタジー小説にも魔法学校の学園ドラマや人間ドラマ(ラブコメ含む)、それから王道の主人公の人間的成長や家族愛、友情などを強調した作品が目立ちます。

指輪物語の映画も原作ファンのプロモーションが功を奏して大成功しましたが、柳の下の2匹目?を狙った「ホビットの冒険」の映画はアトラクションと人間的葛藤と悲劇と感動のラブロマンス満載の見るも無残なくらい一般向けに変更脚色してふくらませた台本になっていて……以下略

あと、特になろうでは、貴族上流社会とお姫様、王子様、令嬢と才媛(もちろん全て美男美女)というのはほぼ必須アイテムのようにさえ見えるのが面白いところです。きっとそういう設定やキャラの方が先行の作品や参考資料も沢山あるし、想像も膨らませやすくて物語が作りやすいということなのだろうと思います。

つまり、なろうで無数にある、一般人からすると何が良いのか良くわからなかったり引いてしまいそうになる典型的魔法世界設定、RPG設定などの半2次創作系作品は実はコアなファン向けなろう小説の主流正統派?いうことなのかもしれません。そういう傾向は、様々な分野の趣味娯楽その他諸々の世界でもありがちのように思います。

2次創作(又は設定流用創作)では、世界設定やキャラ設定のベースとなる背景や約束事など、おそらく創作にあたって非常に重要で大変なところをまるまるスキップして物語を作ることに全力投球できます。それが、魔法世界ファンタジーRPG的設定のなろう小説があんなに無数にある理由なのだろうと思います。もちろん女性向けラブロマンスシンデレラ設定や婚約破棄から始まる貴族上流社会設定の作品もそれこそ無数にあるようです。

誤解を招かないよう記しておきますが、シュレマル工房は2次創作も大好きです。いやほんと、気に入った世界設定で気に入ったキャラを自由に思い通りに動かして物語作るのは滅茶苦茶楽しそうですもんね。もしそういう才能があったら間違いなく手を出していたと思います。

 

ところで「#無欲の聖女は金にときめく」の作者に「#後宮も二度目なら 〜白豚妃再来伝〜 」という作品があるのを見つけて読んでみました。

これもなかなか面白くて、飽きずに楽しめましたが、世界設定が「薬屋のひとりごと」と似通っているのが気になりました。架空古代中国の後宮を舞台にしたファンタジーでキャラの設定もどことなく似ているように感じます。

初出期日を見てみると「薬屋のひとりごと」は2011年から、「後宮も二度目なら 〜白豚妃再来伝〜 」は2021年からなので、「後宮も二度目なら」は「薬屋のひとりごと」の設定を踏襲した半2次創作的な作品と言えるのかもと思いました。

さらに、ひょっとして「薬屋のひとりごと」も先行する作品の設定をつかったものなのではないだろうかと思いついて調べてみたら、「#後宮小説」というファンタジー作品に行き当たりました。

以下Wikipediaからですが、

>『後宮小説』(こうきゅうしょうせつ)は、中国風の架空の国である素乾国を舞台とした、酒見賢一ファンタジー小説。1989年の日本ファンタジーノベル大賞を受賞した。酒見のデビュー作でもある。中国哲学や中国史に依拠した独特の記述法は、『素乾書』・『乾史』・『素乾通鑑』に依拠して歴史事実を記載した小説という体裁を採用し、ファンタジーノベル大賞選考会では井上ひさしにより「シンデレラと三国志金瓶梅ラストエンペラーの魅力を併せ有す、奇想天外な小説」と高く評価された。

とありました。

あらすじ紹介の冒頭には、

>現代の暦で見れば1607年のこと、素乾国で皇帝腹宗の崩御に伴い即位する新皇帝の後宮整備が行われることになった。宮女募集が行われた緒陀県で、14歳の銀河がこれに応募し、後宮教育機関である女大学に学ぶこととなった。銀河を含む一行は都城である北師へと旅立つ。その道中で義賊である平勝と厄駘に出会うこととなり、これが後に物語の重要な伏線となる。

とあって、「即位する新皇帝の後宮整備」という物語の始まり方は「薬屋のひとりごと」とも同じですし「後宮も二度目なら」でも物語展開の重要な要素となっています。また、義賊伏線の設定は「後宮も二度目なら」と似ている気がします。

後宮小説」はまだ読んでいないのでなんともいえませんが、これが魔法世界ものRPG設定ものと同じく中華後宮ファンタジーもののテンプレ設定として利用されていて、他にも類似の設定の作品がたくさんあるのかもしれません。

そのうち「後宮小説」も入手して読んでみなければ^^;

 

追記;「本好きの下剋上(第一部)」のように異世界転生した主人公が元の世界の知識や記憶を使ってモノづくりや社会システム改善に大活躍するというのもテンプレ化しているようです。このタイプの元祖?はマークトウェインの「アーサー王宮廷のヤンキー」だと思うのですが、実際のところはどうなのでしょう。

 

それにしても、ここのところずっと純粋娯楽消費的読書?をやってます。アウトプットを意識しないインプットってこういうものなんだとすごく新鮮な気分です。

なにかしら吸収して何かの時に使えるかななどというスケベ心なしに見たり聞いたり読んだりという行動は予想外に気楽で楽しくて素敵ですが、実際にやろうとしてみて、体験してみて、それを上手にスマートに実行するにはかなりのセンスというか適性が必要な気がしました。

純粋娯楽消費から自然に蓄積していってそれを意識せずに役立てていくことができるような人ってすごいと思います。そういう人ってきっとたくさんいると思います。そういう人はきっとずっと頭も良くて性格も良くて幸せな楽しい生き方をしているのだろうとも思ってしまいました。

2022年の初焚き火

今年最初の焚き火です。少し雲がありましたが青空。画像には写っていませんが富士山も見えて美しい空が楽しめました。

f:id:sktrokaru:20220118170645j:plain

久し振りのソロ焚き火でしたが何の問題もなくかえってスムーズに設営撤収ができたくらいで満足。まあ飲み物食べ物がインスタントのみでしたし。

しかしそれでも簡単だとはいえ、怠け者には焚き火台の用意、後始末が面倒です。今はどんな焚き火台が売られているのかなと検索したら、コールマンの支那鍋形状の小さいのが新発売になっていました。

かなり小さめです。でも3秒で設置というところに惹かれました。ほんまかいな?

しばらく迷ってポチりました。届いたら今年2度目の焚き火に行こうと思います。

 

 

蚊取り線香の型(ピタゴラスイッチ これはいったい なんの型でしょう?より)

NHK教育番組ピタゴラスイッチを見ていたら、「これはいったい なんの型でしょう?スペシャル」で蚊取り線香の型が出てきました。

f:id:sktrokaru:20220115140900j:plain

シュレマル工房では蚊取り線香型クッキーカッターをつくってハンドクラフトマーケットminneに出品しているのですが、本物がどうやって作られているのか知らなかったので、なんかすごく感激しました。

sktrokaru.hatenablog.com

型抜きや押し出しの仕組みはほぼ同じですね。当たり前ですが。

f:id:sktrokaru:20220115140951j:plain

f:id:sktrokaru:20220115141011j:plain

f:id:sktrokaru:20220115141019j:plain

f:id:sktrokaru:20220115141031j:plain

それとこの大きさはシュレマル工房のクッキー型とほぼ同じサイズなので、それにも無駄に感激中です^^;

ほかにもゴム手袋やクレヨンやダルマさんの型とかいろんな型が出てきました。

もちろんクッキーの型も出て来ます。そのクッキー型を作る型とその作り方も見せてくれます。

f:id:sktrokaru:20220115143409j:plain

型ってほんとにおもしろいです。

ピタゴラスイッチ、大好きです。

 

感覚のみで表意文字である「漢字」熟語を正しく読み解く試み

「侃侃諤々」読み解き;

え〜と、最初の2つがにんべんにつくりがタコだよね。で、次のがゴンベんにメガネのおっさんが口をあけてるつくりで、その後ろはおっさんのからだみたいな感じだから、これはメガネのおっさんが2人のタコ星人に詰め寄られてわーって叫びながら腰抜かして四つん這いになって後じさりしているところって感じだと思うよ。

いや違うって。この最後の文字は前の文字を繰り返すって意味なんだってば。「おなじ」って打って変換してみな、出てくるから。だから正しくは「侃侃諤諤」って書くの。これだとさ、わかるだろ? おっさん負けてねーんだよ。タコ星人2人とおっさん2人が向かい合ってでわめき散らしあってるってとこなんだよ。ぱっと見でいい加減な読み解きしちゃダメ。本来の形までちゃんと考えろってこと。おけ?

 

ついでに「愕然」読み解き;

ふ〜ん、最初の字のりっしんべんってハートなんでしょ?なんか細くなっちゃってるけど。でもってやっぱりメガネのおっさんが大口あけてて、後ろの文字なんか地面にべったーってうつ伏せに倒れ込んでるの前から見てるみたいだしさ、下の方なんてぺったーんって音が聞こえてきそうな効果線描き込みじゃん?だからこれってメガネのおっさんがハートつぶれるくらいおどろいて派手な音たてて地面にうつ伏せにぶっ倒れる様子を表現したってことなんじゃない?

 

注;ラノベ「無欲の聖女は金にときめく」の語り口の一部を真似てちょっと面白がって書いてみましたが、うん、難しいわ。若いもんの創作力語彙力文章能力ってなあすげ〜よな〜いいよな〜なんて(^^;

オンライン小説、日向夏「薬屋のひとりごと」& 中村 颯希「無欲の聖女は金にときめく」

また腰を傷めてしまって焚き火にも行けないので、軽い本ばかり読んでいます。

去年の暮れに図書館のヤングアダルトコーナーで見かけて手を出した「墓守は意外とやることが多い」と言うラノベ、まあいかにもの今風異世界ファンタジー系のラブコメラノベでしたがなかなかおもしろく楽しめました。

書籍になっているのは2巻まで。続きはネットで現在アップされているところまで読み切って、ほかにもお気楽に読むものないかと漁りまくって、まず行き当たったのが、日向夏「薬屋のひとりごと」。

異世界ファンタジーものの一種ですが、転生ものでもRPG設定ものでもなく、古代中国を思い起こさせる世界の後宮に入り込んだ花街出身のワケあり薬師の娘がその知識と行動力を生かして謎解きその他に活躍する半分ラブコメライトノベルです。

正月明けから足掛け3日2徹夜で読了しました。目が霞んで仕方ありません。それくらい面白かったです。

ちょっとした自然科学系雑学知識を上手く織り込んでいて、とても楽しく読みました。でも中盤からは守り人シリーズとか有り勝ち設定展開になってきてあーまたコレね感ありましたが、それはそれで楽しく読了。まだ続くみたいで楽しみです。

読み終わってまだ足りず、さらに面白いものはないかと検索。

ネットで評判のいいのはどれもこれも転生ものの2次創作集の強いものや女性向け今様シンデレラストーリーばかりで、おいおい、と困惑しながら行き当たったのが、中村 颯希「#無欲の聖女は金にときめく」。

お金が何より大好きな守銭奴少年がワケあり美少女と入れ替わってお貴族様の令嬢になるのですがその行動全てが徹底的に勘違いされて無欲の聖女として国中から讃えられる、という紹介文をみて、これならと読み始めて数ページで、なんだコレ、魔法ものかよ - -; と……

引き気味になりましたが、語り口のテンポが良いし設定面白いしひょっとして当たりかもとよみつづけることにし、4話目まで読んで、どうやら当たりらしいと確認。

目が霞むのは困るので、あまり長時間ぶっ通しは控えようといいつつ、今現在で30話まで読了。1話が長いので相当な分量です。

それにしても、この作者の語り口、ものすごく好みです。まあツッコミどころ満載ですし、オタク方面のジャーゴン的なものはほぼ封印ですが、抑え気味とはいえいろんな意味でいちびり方がかなりのものだと思いますので、まあいろいろと言う方もおられるでしょうが、私は好み。特に挿話短編が最高です。

《閑話》レオとブルーノによる読み聞かせ 「桃太郎」
《閑話》レオとブルーノによる読み聞かせ 「マッチ売りの少女」
《閑話》レオとブルーノによる読み聞かせ 「ヘンゼルとグレーテル」
《閑話》 レオとブルーノによる読み聞かせ「灰かぶり姫」と「孫子兵法」
 

 

しかし作者の颯希という名前、蕗狩軽便の登場人物にも風季という名の娘がいるのですがこういう漢字の当て方もあるんだなと妙なところで感心しています。

追記;颯希って、さつきって読むのですね。颯は、風立ちぬ、という意匠文字?なのかな?

 

検索しなおしてみたら、どちらも紙の本で出版されているようでした。アニメ化される企画もあるようです。

f:id:sktrokaru:20220113190036p:plain

このイラスト、薬屋のひとりごとの方はまあなかなか良いと思うのですが、無欲の聖女の方は完全にイメージ外してるとおもいます。私的感想です。でもちょっとだけ強調しておきたい気が……

ところでこういうラノベ、実は大変なところもあるのでしょうが、キャラが勝手に動き出してほんとに楽しく物語が紡ぎ出されているようなところもきっとあるんだろうなとおもいます。

こういう物語を創れる才能と言語能力が羨ましい限りですが、最近は特に記憶の引き出しの内容が貧弱な上に年齢と共に取り出す能力が著しく低下して来ているのを自覚していよいよ困ったことになって来ているので、余計にこういう風に物語を紡ぎ出して文章に固定できる能力に憧れます。

まずはとにかくなんでも良いからしっかりインプットする気力能力を回復させてからだなこれはと思っています。

 

追記:

検索してたら無欲の聖女のカバーイラストが巻を追うごとに変化しているのを発見。4巻目でまあなんとかかろうじてイメージ壊さずにいけてんじゃねという感じに……やっぱり読者とかからのフィードバックなんかもあるのでしょうか?

しかし、なろう系オタク読者に媚びた巨乳がもう完全に玉に瑕……ちゃうでしょこれ、と言う感じしかないですね。もうちょっとなんとかしてもらえんものでしょうか。

f:id:sktrokaru:20220114154232p:plain

 

スティック糊を最後まで使いきろう

今まで糊を繰り出せなくなったらなんの疑問も無く捨てていたスティック糊ですが、捨てる前にふと気になってどんな構造になってるのか観察してみました。

想像の通り簡単な構造で、ケース後端のつまみを回すことによって螺旋ネジシャフトに噛み合う糊基部カップが送り出される仕組みです。

問題はそのカップ。結構深い形状で中に糊が詰まっています。

f:id:sktrokaru:20220112140818j:plain

気づいたとたんに、これ、なんでこんな格好なん?勿体無いやん?と庶民の貧乏人根性が全開になりました。

爪楊枝を刺して確かめてみたら予想通り底まで大量の糊がぎっしり。どう考えても新品糊全体の6、7分の1の量はある勘定です。勿体無いやんけ!

当然ほじくって使うことに決定。捨てずに溜め込んであったアイスキャンディーバーを取り出して来てほじくって、ペインティングナイフの要領で塗り付けて使うことにしました。

使い勝手は上々。しばらくはこれで間に合いそうです。

 

タミヤ工作セット「バランシング・クラウン」

年末の整理でなつかしいタミヤ工作セットの箱を発掘しました。

「バランシング・クラウン」です。

f:id:sktrokaru:20220103144902j:plain

道化師が張られたロープの上を行ったり来たりするおもちゃです。

子供がすごく小さい頃におもしろいかなと購入したものです。

三十数年前の製品です。随分と前に廃盤になった製品です。

箱がすこし潰れていましたが、中身は一応大丈夫。組み立て直せばまた遊べそうです。

作動ユニットをねじ釘で鴨居に止める構造で、今の家やマンションにはあまり歓迎されないと言うこともあって廃盤になったのでしょう。

ロープを上下させるリンク機構のユニットが木材を利用して上手にデザインされていて、クラウンの構造も足と手が連動して動くようになっているなど、今見ても面白く動きを楽しめそうです。

こういう木材部品をつかった面白い製品は工作セットのラインナップから少なくなったように思います。

手を叩くと神棚の扉が開いて神様の人形が出てくると言うのもありましたが、にゅうしゅできずじまいでした。

また復活してくれるとうれしいんですけど。