蕗狩軽便図画工作日記

ー シュレマル工房 めもらんだむ ー

キャンプの朝食は焚き火でバウルーを使ったハムチーズトーストと目玉焼き

台所で使っている鍋とカセットコンロを持ち込むような、ショボダサ手抜きにわかキャンパーですが、焚き火は大好き。もちろんちゃんと焚き火台と芝保護用の防火布を使っています。

で、先日のキャンプの朝食は、焚き火でバウルーを使ってハムチーズトーストと目玉焼きをつくりました。

日の出前に寒くて目を覚まし盛大に焚き火を熾して暖をとって、お日様が上って暖かくなり始めた頃、燃えついている薪を崩して炭火にします。

f:id:sktrokaru:20201028084140j:plain

 

網を置いて片面ずつトースト。

f:id:sktrokaru:20201028084641j:plain

 

バウルーが温まったら内面にバターを塗って、トーストの上にスライスチーズとハムを乗せて挟み、ハムとチーズの側を下側にして網の上に。

f:id:sktrokaru:20201028084230j:plain

 

じゅうじゅうと音がして1、2分。ひっくり返して揺すりながらトーストの下面を温め直して出来上がりです。チーズがカリカリになっていて香ばしい。

f:id:sktrokaru:20201028083824j:plain

 

もう一度バウルーを温めてバターを塗り、ハムを置いて卵を割り入れ、しっかり閉じて火の上で3分ほど。

ひっくり返さなかったら蒸し焼きになってこんな感じ。ひっくり返すと黄身がよく固まって白身カリカリになります。

f:id:sktrokaru:20201028083842j:plain

 

溶き卵を使うとオムレツができます。

f:id:sktrokaru:20201028083858j:plain

 

沸かした牛乳にマキネッタで入れたエスプレッソを入れ、お砂糖を大量にぶち込んだミルクコーヒーを添えて、目の前の絶景を見ながら、とても簡単でおいしい朝食になりました。

f:id:sktrokaru:20201028083909j:plain

 

リョービサンダーの修理

30年ほど前に買ったリョービのサンダーMS-35です。

f:id:sktrokaru:20201020161727j:plain


これまで随分役に立ってくれましたが、ここ10年くらいは仕舞い込んだまま。

久し振りに出して使っていたら突然ガキッという音がしてプラスチックの破片が飛び散りました。

慌ててスイッチをオフにしてよく見ると、パッドの支えの透明軟質プラゴム部品が割れて半分なくなっています。経年変化で硬化して割れてしまったのでしょう。

ネットで部品(パッドシジチューブセット No.608 3457)を確認し、電話でユニディーホームセンターに取り寄せて貰えるか問い合わせたら、メーカーに発注するとのことで少し時間がかかりましたが、無事入荷。1,140円也。

パッド面からビスを外して、傷んで壊れたシジチューブを交換して修理完了。

f:id:sktrokaru:20201020161736j:plain

 

これからまた役立ってくれる機会をつくってあげたいと思います。

 

 

DCプラグを修理しました

「ラジカセ壊れてならなくなったわ。もう古いのはダメね」というので確かめたら、どうやら電源アダプターのDCプラグが断線している模様。

運の悪いことに1.7mm規格。なんで標準部品2.1mmのプラグを使っていないのでしょう。困りました。

手持ちのストックが使えないので、とりあえずバラして構造を確認。

f:id:sktrokaru:20201024182321j:plain

これならなんとかなるかな、とシールのプラスチックをニッパーで引き剥がします。

f:id:sktrokaru:20201024182437j:plain

あとは、断線部を切り戻したリード線を半田付けし直し、ケースは3Dプリンタで図画工作。

例によって例の如く適当すぎる作図のせいで試行錯誤。でも、今回はなんと3度目の正直でうまく出来てびっくりでした。

f:id:sktrokaru:20201024182908j:plain

こういう時には、3Dプリンタ、マジ便利です。

「ひよこさん足跡ころころスタンプ」つくりました

ほかにもかわいい足跡が無いかなあと、ひよこさんの足跡をつくってみました。

ちょうどいいおおきさを決定するのはなかなか難しいです。

f:id:sktrokaru:20201023203826j:plain

f:id:sktrokaru:20201023203835j:plain

クッキーはまた後日挑戦です。

ローラースタンプは、FDMの場合は特にだと思いますが、プリントアウトが難しいようです。

上手くサポートがつかず、どうしても傾斜45度以上のオーバーハングでの荒れが目立ちます。実用上は全く問題ありませんが、ヤスリなどで整形しても少し見かけが悪くなるのが難点です。

 

組み立て線路

テーブルの上でちょこっと運転するのに鉄橋とかあった方が嬉しいと思います。

でも鉄橋を組み込むとどうしても少し線路をもちあげないといけません。

せっかく3Dプリンタがあるのだからということで、嵩上げ台をつくってみました。

f:id:sktrokaru:20201020162245j:plain

トミックスの立体交差用橋脚の一番薄いのに嵌め込むようにしました。

実際に使うとこんな感じ。道床にパチンと嵌まり込むようにしたのでとても安定しています。

f:id:sktrokaru:20201020163120j:plain

ころころスタンプ続編つくりました

「ねこさん足跡ころころスタンプ」に続き、「きょうりゅう足跡」「でんしゃ線路」「ろめん線路」のころころスタンプをつくりました。

f:id:sktrokaru:20201018230819j:plain

f:id:sktrokaru:20201018230707j:plain

f:id:sktrokaru:20201018230743j:plain

f:id:sktrokaru:20201018230630j:plain

f:id:sktrokaru:20201018230550j:plain

f:id:sktrokaru:20201018231329j:plain

f:id:sktrokaru:20201018231113j:plain

f:id:sktrokaru:20201018231045j:plain

f:id:sktrokaru:20201018231148j:plain

ねこ足跡でつくり方は分かったつもりでしたが、一筋縄ではいきませんでした。パターンが違うと設計の際にプリントアウトで気をつけなければいけないことが随分と違います。

やっぱり予想以上に沢山のやり直しだらけでした。でも、けっこう面白かったです。

蒸気機関車スポーク動輪のクッキー型といっしょに、minneにアップしましたが、もう買って貰えたら良いな、ではなくてほぼ完全に自己満足の世界です。

minne.com

 

坂道歩行おもちゃ

4足型の仕掛け無し歩行おもちゃです。

f:id:sktrokaru:20201015000700j:plain

いまは縦揺れ一足飛び型の洒落たデザインの木製坂道歩行おもちゃをよく見かけます。

でも子供の頃遊んだ横揺れ4足型のものは絶滅種らしく、ネットでも2、3例が見つかるくらい。

これはもう、自分でつくるしかないなと思っていたのですが、たまたま 3dプリントでつくった例が公開されていたので設計の参考にとつくってみました。

とりあえず機構をつくりましたという感じのデザインで、そのままではバランスがもう一つです。

クリップをつけ、錘を付けた紐で引っ張る方式にして机の上を歩く姿がユーモラスです。

これを参考にデザインしてみようと思います。


仕掛け無し横揺れ4足型坂道歩行おもちゃ