蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 めもらんだむ ー

模型工作の技法、工夫のことなど

この間購入した、アーマーモデリングの特集「壱色懸命…単色塗装で紡ぐ戦車模型の世界」が、色の基本的知識から塗料、塗装の具体的応用知識まで、もうびっくりするくらい親切丁寧明快でものすごく勉強になりました。

某所で単位を貰った「色彩学」だけでは自分には無理だった塗料の調色や塗装のテクニックとの繋ぎの部分を解説してもらったようなそんな気分です。

f:id:sktrokaru:20210717171759j:plain

f:id:sktrokaru:20210717171821j:plain

最近は、鉄道模型以外の分野での模型雑誌で様々な技法や工夫の解説特集記事などが盛んで有り難い限りです。 

それにしても、模型工作でもなんでも独自の技法を持っている人、独自の工夫をしている人は凄いと思います。

自分もたまに思いついたり工夫した技法などをブログに書くことがありますが、ウェブや雑誌の記事などをよく見直すと、大抵その道の人達には周知だったり誰でも思いつくごく当たり前の方法に過ぎない事がほとんどで、情けなくなるというか穴があったら入りたい気分になります。

自分の使っているテクニックはほぼ全部、本や雑誌で知った範囲とその応用なので、それで当然と言えば当然なのですが、なんともはや。

それでもまあ、その内容とレベルはともかくとして、ほぼ自分の思うようには工作を楽しめていますので、ま、いいか、などと。

決して人に胸を張って言えるようなことではありませんが、目標が低い?(笑)と取り敢えずは何事も平和で幸せなのよと割り切ってこの趣味娯楽を楽しんでいきたいと思います。