蕗狩軽便図画模型工作部日記

ー シュレマル工房 覚え書き ー

裏庭の巣箱からシジュウカラさんの雛が巣立ちました

朝から雛の声が賑やかだなと思っていたら、しきりに親鳥が巣箱に餌を運んできます。雛鳥も巣箱の入り口に顔を出して親鳥から餌を受け取っていました。

と思ったら巣箱の穴から身を乗り出した雛がいきなり飛び出しました。巣立ちです。

1時間ほどの間に、親鳥に餌を貰って促されるのか、続けて3羽が巣立ちました。

youtu.be

巣箱には5羽いたはずですが、このあとしばらく見ていても後が続きません。耳を澄ませると小さく鳴き声が聞こえるので巣箱にはまだ雛が残っているようです。

しばらくして親鳥が来て餌を与え雛を促したと思ったら、雛が巣箱の穴の外に出てきて飛ぼうとしましたが、上手く飛べずすぐ下の敷レンガに着地。怪我はなかったようですが、他の雛の2/3くらいの大きさしかありません。

ずっとじっとしていて親鳥もやってこないので、しばらく見ていましたが巣箱に戻すことにしました。

巣箱を開けると、残っていた1羽は亡くなっていました。巣箱に返そうとした子より体は大きいのに残念です。取り出して花壇に埋めました。

雛を巣箱に帰して5分も経たないうちにまた親鳥が青虫を咥えてやってきて、巣立ちを促します。

今度はもう少し遠くまで飛べましたが、やっぱりしっかり上手く飛ぶことができず、トマトの苗に留まって親鳥を呼んでいます。

しばらくすると親鳥がやって来て雛に給餌するのが見えて一安心。そのうち目を離した隙に庭から出ていったようで姿が見えなくなりました。

他の雛に比べて小さいし弱そうなので、ちょっと心配です。無事飛べるようになって元気に育って欲しいです。

 

追記;

孵化した7羽のうち4羽が巣立ってくれました。緑地や公園の樹木では無く住宅地の隙間の狭い裏庭に設置した巣箱なので、この巣立ち率が高いのか低いのかよくわかりません。

ただ、近くの緑地はそんなに広大では無くて餌の確保も大変だっただろうと思うし、巣箱の底内寸も12x10センチと狭めだったので、雛にとっての環境もあまり良くなかったかもしれません。

来年また巣をかけてくれるのを期待して、もう一回り大きな巣箱を用意してあげようと思います。

 

ひと足早く巣立ちしたヤマガラくんの親子が餌を啄みにきました

シジュウカラさんたちは、子育てが始まってから餌台のヒマワリを啄むのをほとんど見なかったので、あれ?珍しいなと……

巣箱のそばの梅の枝に留まったのをよくみたら、ヤマガラくんの雛鳥でした。昼頃から聞こえていたピイピイという声はヤマガラの雛の声だったのだと気づきました。

親鳥もやってきて、ピーナッツを雛鳥に与えています。

雛鳥は全部で3羽見かけました。シジュウカラさんたちの雛たちよりひと足早く巣立ったようです。

シジュウカラさんたちが巣をかけてからも時々ヤマガラくんたちがやってくるので餌台に少しだけピーナッツやヒマワリの種を置いていたのですが、雛が巣立ってから餌が足りなくて雛たちを連れてうちの庭にやってきたのでしょうか。

シジュウカラさんたちはまだ子育て真っ最中なのに、ヤマガラくんたちはぜんぜん気にせず巣箱のすぐそばまでやってきます。シジュウカラさんたちも平気な様子。ナワバリとかは一体どうなっているのでしょう?

シジュウカラの親鳥が餌の青虫を運んで巣箱に来ると、雛鳥が入り口から顔を出して餌をねだります。ものすごく頻繁に餌を運んできます。

おそらく雄雌交代で餌を運んでくるのでしょうが、どちらも随分と痩せてきたように見えて、大丈夫かなとちょっと心配になります。

シジュウカラさんの雛たちもももうあと少しで巣立ちの予感です。

 

裏庭にネズミが現れて、子育て中のシジュウカラさんの警戒音が凄いです

お隣の屋根当たりからシジュウカラさんのジェジェジェジェジェジェジェという警戒音が聞こえてきて驚きました。つがいが交代で餌を運び片方が高いところから巣箱の周辺の見張りをしているのでしょう。

裏庭を見たら、ルーバーラティスの下にネズミが走るのを発見。外壁に作った物置棚の奥にもネズミが生息していた形跡が見つかりました。今までほとんど見なかったのですが、先月に亡くなった猫のシュレくんの匂いが薄れてきたせいかもしれません。

家の中にさえ入ってこないのなら、普段ならあまり気にはしないのですが、今はシジュウカラさんたちが巣箱で子育ての最中。ネズミに襲われたら大変です。

慌てて巣箱の周りに伸びていた梅の木の枝を切りました。その時、若い枝がささくれ折れているところが何箇所もあって、おそらくシジュウカラさんたちがつついて巣箱の方に伸びている枝を落とそうとしたのでは、と気づきました。もっとはやく切ってあげていればよかった。

枝を切り詰め、少しだけですが巣箱の位置を木やルーバーから離し、ルーバーラティス下のネズミがウロウロしていたところに、忌避剤がわりに木酢液をスプレーしました。でも木酢液は5、6日でネズミは慣れてしまうらしいので、殺鼠剤を買ってネズミの通り道に置いてみました。

どれだけ上手く効果を発揮してくれるかわかりませんが、シジュウカラの雛が巣立つまで悪さをしないでほしいです。

巣箱の支柱は青竹ですべすべしていますが、鼠返しをつけた方が良いのでしょうか。

追記;

次の日、雛の声が少し弱くなったり急に聞こえなくなったりするように思って心配になり、思い切って巣箱を覗いてみたら、雛7羽のうち2羽が他の雛の下敷きになって死んでいました。餌も足りなかったのでしょうか。

腐ったりして悪影響があるといけないと思い、竹箸で取り出して花壇に埋葬。巣箱の中を弄っったので大丈夫かなと思いましたが、その後も親が餌を運んできてちょっと安心しました。

孵化してから巣立ちまで約18日と言います。8日ごろに最初に鳴き声が聞こえたはずなので、あと10日ばかり、元気に育って欲しいです。