蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 覚え書き ー

3Dプリンターで抜き型をつくって小さなお菓子のお家(ミニ へクセンハウス)をつくりました

小さなお菓子のお家(手のひらサイズの、ミニ へクセンハウス)をつくったら楽しいかな、3Dプリンター製のクッキー抜き型/クッキーカッターをつくってみました。

前壁、後壁、横壁、屋根、ベースの5種類の抜き型のセットです。
横壁と屋根はそれぞれ2枚作り、扉は前壁の型の抜き落しを使います。

型抜きクッキー生地で焼いて、アイシングペンやアラザン、スプレーシュガーなどを使ってデコレーションを楽しみました。

初めて使ったアイシングペンやアラザンなどおっかなびっくりでとても要領良くというわけではありませんでしたが、思っていたよりうんと簡単に飾り付けができてとても楽しかったです。

ジンジャーブレッド生地でもう少し薄く焼くともっと綺麗に出来ると思います。

部品組み立て前にある程度デコレーションするのがうまくいきます。

本格的にアイシングパウダーを使って絞り出し袋でデコレーションするともっと綺麗に出来ると思いますが、家族で子供たちと楽しむにはこれが手軽でいちばんだと思います。

作品写真のクッキーの焼き方があまり上手じゃないのはご容赦。慣れた人ならもっとで美味しそうなお菓子の家ができるに違いありません。

ハンドクラフトマーケット minne に出品しています。

minne.com