蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 覚え書き ー

きりんさんのおもちゃを修理しました。気分はもうおもちゃドクターです

子供が小さい頃、気に入ってよく遊んでいたおもちゃです。

体を押し下げると脚が前後に開き、バネじかけで脚が閉じると同時に仕込まれた車輪が回って前に進みます。

とても良いデザインだと思います。足の裏にTOMYの刻印がありました。

孫も喜んで遊んでいましたが、動きが悪くなってきたというので分解してみたら、首を持ち上げるギヤが割れていました。

これが引っかかっていたのかもしれません。

白POMギヤにバネを挟む構造なので、これは設計ミスみたいなものなのかも。

特殊なギヤですから代替品はありませんし接着は効かないので、針金で縛る応急措置としました。

なんとかこれで首は元通りに動く様になりましたが、バネが弱くなっているのか完全に脚が閉じず、ゆっくりとしか前に進みません。

軽く押し離してやると元気に走ってくれるので、そうして遊んでね、と孫に返却する予定です。