蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 覚え書き ー

阪和温泉に行って来ました。

お風呂を沸かすと掃除がめんどいので銭湯に行ってきました。

歩いて2、30分ほどのところに銭湯があるのをネットで見つけ、散々道に迷って1時間くらいかかってたどりつきました。紅白のファサードがなんだかめでたそうです。

f:id:sktrokaru:20220308201802j:plain

流行のスーパ銭湯ではなく昔ながらの面構えですが、サウナ水風呂薬風呂寝風呂椅子風呂電気風呂打たせ湯と各種取り揃えて充実の銭湯です。玄関の下駄箱も番台のオバさんも脱衣場も浴槽や洗い場も昔ながらの配置と雰囲気でした。

奥に4、5人でいっぱいになるサウナがあって、貸しバスタオルを巻いて入るとやたら精緻で見事な彫り物を背負った恰幅の良いおじさんがでんと座っていて、思わずその彫り物に見入ってしまいました。

電気風呂は上腕上半身がマジ痺れて身の危険を感じました。あれ下半身が痺れたらどうなるんだろう(笑)

しっかり体を洗って綺麗にして心ゆくまで温まり、帰路は髭はマスクで隠れますが坊主頭のサングラスに黒いTシャツ一枚の軽快?なスタイルで、ダウンコートや厚手のセーターを着込んで行き交う人達になんだか微妙に避けられているように感じながらまたまた道に迷い45分ほどかけて無事帰宅に成功する頃にはちょうどよく汗が引いてくれておりました。

しまった!フルーツ牛乳あったかどうか確かめなかった! あったら飲みたかったのにとそれだけが心残りです。次回行ったときに確かめようと思います。