蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 めもらんだむ ー

3Dプリンターでナショナルミキサーの蓋を作りました

ラベルを見たら1993年製でした。28年前のナショナル製ミキサーです。

f:id:sktrokaru:20210724090050j:plain

かなり以前にプラスチック製の蓋が劣化して密閉部が壊れてしまっていました。メーカーに問い合わせても古い製品なのでもう部品は無く無理矢理手で抑えて使っていましたが、とうとう真っ二つに割れてしまいました。

で、ふと、今は3Dプリンターあるんだし、と気づいてつくって見ました。

元の形は曲線を多用し緩く膨らんだ綺麗な形をしているのですが、そのままコピーしても旧式FDM方式のプリンターでは綺麗に出力するのは無理。上面を平らにし軟質プラならではの密閉部材のツバもやめてぴっちり嵌まり込むようにしています。

出来上がりはこんな感じ。

f:id:sktrokaru:20210724090105j:plain

f:id:sktrokaru:20210724090225j:plain

もうちょっとフィレットを大きくして形状を柔らかくしたほうが良かったかも。でもこれでOKが出たのでよしとします。

積層痕があるのと熱には弱いので洗うときなどに気をつけなければいけませんが充分役に立ちそうです。

ま、壊れたらまたプリントアウトすればいいんだし。そこが良いところです。