蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 めもらんだむ ー

クランク軸をつくりました

やっと、どうにもやる気が出なくて手をつける気にならず、ずーっと放ったらかしになっていたクランク軸をつくりました。

材料だけは揃えてあったのですが、やる気を出す気も出てこないと言う……マルのことや気がかりなことが多かったのが大きかったかもしれません。

先日、簡易ボール盤をつくってそれなりに使えそうなのがわかったことを無理矢理のきっかけにして、一球入魂とは正反対の、一気てきとーで、スケッチ描いて作図してジグつくって穴開けてぶった斬って仮組みしてハンダ流してヤスリがけして工作完了。

f:id:sktrokaru:20210407140428j:plain

おーし出来たど、と組み付けてみたら、あれ?動かへん?なんで?

よくよく確認したら、なんと、クランクの半径が2倍になっていました。なぜか作図時に直径と半径を取り違えたみたいです。

ちゅーか、なんで途中で気ぃつかへんねん?自分。ホンマ文字通りの絵に描いたようなポカ、アホ、スカ、ボンクラ、明きメクラ……orz

仕切り直してぜんぶ最初からつくりなおしです。

幸い材料はまだ十分にありますが、さてこんどやる気が出るのはいつになることやら。

相変わらず正確精密で繊細勤勉な工作とは縁遠いまま、いつまで経っても失敗ばかりやり直しばかり、通常運転の蕗狩軽便シュレマル工房です。

 

追記余談:

ついカッとなって(苦笑)、ポカ、アホ、スカ、ボンクラ、明きメクラなどと罵詈雑言を、自分で自分に投げつけてしまいましたが、これってみんな放送禁止用語になっているのですね。

昔の上方落語などでは、「アンタそれ、ネジがバカになってますのんや、その穴メクラ蓋して別んとこに釘打ちなはれ。チンバにならんよおにしなはれや。アタマよお殺しとくんやで!ほんまもう、ワテがオシやとでも思てツンボ桟敷でメクラ判押させる気ぃやったんかいな?」みたいなのがふつうにありましたが、今はどういうふうに演じているのでしょう?

 

追記の追記;

試しに安全?な標準語に翻訳してみました。

「キミ、それはネジが潰れてしまって抜けてしまうから締め付けて固定できなくなってしまっているのだよ。その穴はふさぎ蓋で埋めて、別の場所に釘を打ち込んで固定すれば良いんだよ。部品の両側で釘の位置がずれて格好が悪くなったりしないように気をつけろよ。釘の頭は潰して打ち込んで目立たんようにするんだよ!それくらい言わなくてもわかるだろ!本当に何やっているのだか。私が何も言わないと思って、報告も相談もしないで適当にいい加減に誤魔化しておいて、何かあったときにはこっちに責任を取らせれば良いと言うつもりだったのかね?」

なかなかむずかしかったですが、読み返してみるとたしかに変な誤解も招かずよくわかるようになったと思います。でも、長くてくどいし、あまり面白く無いですね。

 

追記の追記の追記;

今ふと見たら、マルくんの瞳孔が少しだけれど収縮しているように見える!ひょっとして神経が回復して来たのでしょうか?早計な判断は禁物ですが、そうだとしたら嬉しい限りです。あまりその手のことは信じない質ですが、祈りながらずっとマッサージしてあげていたのが効いたのかもしれないというような気になって来ています。