蕗狩軽便 図画工作日記

ー シュレマル工房 めもらんだむ ー

星型エンジン可動カットモデル

どうも不調?で自由工作をする気が起きないので、苦し紛れにフリー3Dデータサイトで見つけた星型エンジンをプリントアウトして組み立ててみました。

f:id:sktrokaru:20210305192607j:plain

この作品、作者はどうも3DCADで設計作図しただけで実際にプリントアウトして組み立ててはいないようで、3D画像が添付されていますが実物のアップは無いし、サイトユーザーからのコメントもベアリングやコンロッドのピンは何をつかうのか?みたいなのが2件あるだけ。勿論作例もありません。

自分はなんでこういうのばかり気に入ってしまうのかな、と思いつつプリントアウトしてみたら嵌め合いのクリアランスが適切に取られていないようでほぼ組み立て不能

データそのものはいじれませんから、スライスソフトで出来る限りの調整をして全パーツを再度プリントアウト。それでも組み立てはレジンキャストガレージキット以上のドリルとヤスリの大活躍で消耗しました。

嵌め込み指定のベアリングは3Dプリントで作ったブッシュで代替してなんとか完成。スムーズに動かせた時は、ちょっと嬉しかったです。

シリンダーブロックを固定してクランクシャフトを回転させるタイプとクランクシャフトを固定してシリンダーブロックを回転させるタイプ、両方のスタイルの星型エンジンの動きをさせることができるのでとても勉強になります。

youtu.be

デザインそのものはデフォルメも好ましくて良い作品だと思うのですが、実際にプリントアウトして組み立てられるように調整したデータだったら良かったのになと思いました。